上位等級と裁判

後遺障害でも1級から14級までありますが、1級は重度の後遺障害に該当します。上位等級を獲得した場合には一般的に相手方保険会社との示談交渉をするよりも、裁判での解決を図る方がはるかに高額の賠償金を獲得することができます。ですから上位等級を獲得した場合は裁判を迷わず選択することになります。ですから必然的に弁護士に依頼をすることになるでしょう。

弁護士に依頼をして裁判を行っていきますが、上位等級の場合高額の賠償金が予想されるため、相手方保険会社は長く裁判を行って被害者に揺さぶりをかけます。あまりにも裁判が長いと精神的な負担も大きくなるので、被害者によっては諦めてしまう場合もあります。このように上位の等級の場合、裁判をしたからといってすぐに結果が出ることはないものなのです。裁判を行うということはそれなりの覚悟が必要になります。

長い裁判が行われていきますが、その間信頼できる弁護士と一緒なら安心して裁判に取り組むことができます。結果的には高額の賠償金を最終的に得ることになります。またそれなりの報酬を支払いますが、特に最近では任意保険に弁護士特約が選べるようになっているので、この特約を付けていると一定額までの裁判費用を払う必要がありません。任意保険を掛ける際には裁判を起こす場合もあることを考えて弁護士特約を付けることは必須になっています。