弁護士と後遺障害

交通事故で被害者になってしまった場合、ケースによっては後遺障害を残してしまうこともあり得ます。特に骨折や大きな傷ができてしまうような場合には後遺障害になりやすいものです。交通事故で治癒になった場合と比較すると、賠償金の面で大きな違いが見られます。また示談の際に個人が相手方保険会社と話し合いをする場合と、弁護士を代理人にする場合でも金額の様々はとても大きなものです。

ですから一般的に後遺障害認定を受けた場合、弁護士に依頼をした方がメリットが大きいと言えるでしょう。弁護士に代理人になってもらうと着手金や報酬などが高額だと思われています。賠償額が大きい場合には高額になりますが、ただ弁護士費用を支払っても得られる金額はとても大きいので決してデメリットではないと言えるでしょう。

弁護士に依頼すると相手方の保険会社と話し合いを行ってくれます。一般的に保険会社は個人との話し合いでは賠償金を低く抑えようとしますから、被害者としては納得できる結果を得ることはできないものです。しかし、弁護士が話し合いをすると裁判基準で賠償額の計算をしてくれます。ですから弁護士に依頼をすることは納得できる賠償金を得るという点でも望ましいのです。

また話し合いでは解決せず裁判を起こすことになれば、裁判基準で賠償金を得ることができます。裁判を起こさない場合と比べて賠償金の差は大きく、弁護士費用を支払ってもまだメリットがあるのです。